みどり市観光ガイドの会とは?


「みどり市観光ガイドの会」は、平成23年の「群馬デスティネーションキャンペーン」に先駆け、その前年(平成22年)に発足しました。

 

「明るく・元気で・楽しく」を合言葉に、現在31名のメンバーが活動しています。

 

ご予約いただいたお客様の希望にあわせて、地区ごとに設定した「おすすめコース」をもとに案内しています。

 

その他にも自主事業として「ガイドの会主催企画」を実施し、新たなコースの開拓やみどり市の観光PRにも努めています。


<会長ごあいさつ>


会長 松島茂
会長 松島茂

会長の松島茂です。

 

みどり市観光ガイドの会が発足して10年目に入りました。この間、累計で3万人以上のお客様を市内各地にご案内しています。

 

みどり市は決して知名度の高い観光地ではありませんが、自然あり・歴史ありで観光資源は数多くあります。「みどり市のよさを一人でも多くの皆さまに知っていただきたい」その思いを強く持っています。

 

ガイドの仲間には、日頃、「自分の個性を大切にして、私達も楽しんでガイドをしよう」と話しています。

 

「人と自然と文化が交差するまち」みどり市へ是非一度お越しいただき、私達みどり市観光ガイドの会をご用命下さるよう、心よりお待ち申し上げております。


安心してご参加いただける観光ガイドを目指しています


 

 私達がご案内します!!

 

個性豊かで、様々なメンバーがいます。

メンバーに共通しているのは、「この町が好き」である事。

「ふるさと自慢」をお聞き下さい。

 


みどり市観光ガイドのトレードマークは、オレンジ色の帽子と、みどり市の法被。

まだまだ知名度の低い「みどり市」を精一杯PRしています。