2014.7.1 HP開設

観光ガイドの会 事務局

 

   みどり市観光課内

   ℡ 0277-76-1270

お気軽にご連絡下さい。

 <広告スペース>

平成27年度主催企画実施報告

平成27年度に実施しました「ガイドの会主催企画」の報告です。

27-1 国瑞寺の牡丹と鹿田山の菜の花畑

笠懸町 国瑞寺
笠懸町 国瑞寺

平成27年4月29日に笠懸町にて岩宿遺跡・国瑞寺の牡丹・鹿田山の菜の花畑をめぐるコースを歩きました。

天候にも恵まれ、参加者19名とガイド会員で春の陽気と花・新緑の美しさを楽しむことができました。

その他にも岩宿遺跡や岡上景能公の銅像を訪れ、笠懸の歴史も学びました。

 

毎年この時期に企画していますが、今回も大好評でありお客様に楽しんでいただけました。


見ごろを迎えた国瑞寺の牡丹
見ごろを迎えた国瑞寺の牡丹
ゆっくりと牡丹を観賞しました
ゆっくりと牡丹を観賞しました

旧石器時代の存在を証明した「岩宿遺跡」
旧石器時代の存在を証明した「岩宿遺跡」
一面の菜の花畑の素晴らしさに感動
一面の菜の花畑の素晴らしさに感動

27-1国瑞寺の牡丹と鹿田山の菜の花畑.pdf
PDFファイル 334.9 KB

小平の里企画「カッコソウと江戸彫刻・天井画の社寺を訪ねて」

カッコソウについて説明
カッコソウについて説明

平成27年4月半ば頃から5月上旬まで、大間々町小平にある「小平の里」周辺にてカッコソウや社寺の彫刻を巡りました。

 

小平の里企画コースを当ホームページ等でお知りになっていらした方をはじめ、「カッコソウ」が見たいという思いで多くの皆様にお越しいただきました。

 

カッコソウが自生している地域は、桐生市・みどり市の「鳴神山(なるかみやま)」にのみであり絶滅が危惧されております。

 

多くの皆様にカッコソウを知っていただくことで、保護活動への活力につながると感じました。


カッコソウを合わせて、小平地区の魅力を知っていただき、お客様にも大変満足していただくことができました。


カッコソウ
カッコソウ
木の宮神社にて彫刻を拝観
木の宮神社にて彫刻を拝観
保護活動の成果により少しずつ数が増えています
保護活動の成果により少しずつ数が増えています
ヤマブキも咲いていました
ヤマブキも咲いていました

カッコソウと江戸彫刻ツアー.pdf
PDFファイル 1.1 MB

27-3 みどり市大幸院を訪ねて

    採燈大護摩供と火渡りを体験しよう

菅原神社から大幸院まで1.7kmを歩く
菅原神社から大幸院まで1.7kmを歩く

平成27年5月24日(日)にみどり市大間々町浅原にある大幸院にて行われた「採燈大護摩供」と「火渡り」の行事に参加をしてきました。

 

世界文化遺産の金峯山寺(奈良県)の分院であることから、金峯山寺から格式高い僧侶の皆さんがお越しくださった他、地元の子どもたちが山伏姿で参加しました。

 

火渡りの実施は今年で3回目ではありますが、地域の行事として定着しつつあり、この日も多くの人でにぎわっていました。

 

火渡りの体験では、悪いところがあると熱く感じていると言われていましたが…体験したお客様・ガイドは無事渡りきりました。

 

年に一度の非常に素晴らしい行事ですので、大幸院の魅力を伝えるためにまたお客様と一緒に参加したいです。

菅原神社で祈祷を行う
菅原神社で祈祷を行う
奈良県の金峯山寺からいらした僧侶の皆さん
奈良県の金峯山寺からいらした僧侶の皆さん

採燈大護摩供で煩悩や災いを焼く
採燈大護摩供で煩悩や災いを焼く
火渡りの体験
火渡りの体験

27-3大幸院を訪ねて 採燈大護摩供と火渡り体験.pdf
PDFファイル 541.4 KB

27-4 あかがね街道を歩こう!! Part4 神戸~花輪編

神戸 太郎神社の説明をガイドより聞く
神戸 太郎神社の説明をガイドより聞く

6月6日(土)、明け方まで雨が残り心配されましたが、昼までには爽やかに晴れ上がり、絶好のハイキング日よりとなりました。

県外、市外からも含めて多くの参加者(お客様31名)を得て、また地元の多くの方々のご協力もあり、Part4(神戸~花輪編)を無事完了させる事ができました。

今回のコースは、所々の残る昔の道筋をなるべく辿り、往時のあかがね街道を体験するとともに、地元の方からさらに古い時代の伝説もお聞き出来た、印象深い一日となりました。

太郎神社からあかがね街道旧道を歩く
太郎神社からあかがね街道旧道を歩く
吊橋(下松島橋)を前に 「ほう!!」と見入る
吊橋(下松島橋)を前に 「ほう!!」と見入る
橋を渡っている時は、ゆれが激しくて写真なし。
橋を渡っている時は、ゆれが激しくて写真なし。

大蒼院ご住職よりのご説明を聞く
大蒼院ご住職よりのご説明を聞く
小中集会場で、おいしいお弁当をいただく
小中集会場で、おいしいお弁当をいただく

地元の関口善夫様の案内で、御霊神社の拝殿に
地元の関口善夫様の案内で、御霊神社の拝殿に
無事、本日の目的地「花輪銅蔵」に到着
無事、本日の目的地「花輪銅蔵」に到着

27-4あかがね街道Part4(神戸~花輪).pdf
PDFファイル 310.2 KB

27-5 渡良瀬物語-Part五- 花輪小学校記念館体験入学・体験授業

国語の授業 郷土の昔話を学ぶ
国語の授業 郷土の昔話を学ぶ

6月27日(土)、あいにくの雨でしたが28名のお客様が参加し旧花輪小学校記念館に体験入学しました。


ガイドが先生となって国語・音楽の授業を受講するこの企画は毎回大好評であり、今回も皆さんに楽しんでいただきました。

懐かしい給食をいただいた後は校舎内の見学をするなど、国の登録有形文化財である「旧花輪小学校記念館」の魅力を存分に堪能しました。

音楽の授業 大きな声で唱歌を歌いました
音楽の授業 大きな声で唱歌を歌いました
ひとりひとり卒業証書を受け取りました
ひとりひとり卒業証書を受け取りました
昭和30年代をイメージしたおいしい給食
昭和30年代をイメージしたおいしい給食

最後にお客様・ガイドで記念撮影。

無事に全員“卒業”しました!!


27-5渡良瀬物語Part.5チラシ.pdf
PDFファイル 369.0 KB

27-7 あかがね街道沢入宿とアジサイの里を訪ねて

沢入駅には約2,200株のアジサイが咲く
沢入駅には約2,200株のアジサイが咲く

7月12日(日)、わたらせ渓谷鐵道沢入駅で行われている「あじさいまつり」に合わせて、あかがね街道沢入宿とあじさいまつりへ行きました。

 

晴天に恵まれ暑いほどでしたが、お客様18名が参加し、ちょうど見ごろを迎えたアジサイや渡良瀬川の美しさを楽しみました。


わ鐵に乗って、沢入駅へ
わ鐵に乗って、沢入駅へ
途中の東宮神社で休憩をしながら説明を聞く
途中の東宮神社で休憩をしながら説明を聞く

あかがね街道の趣が残る石畳
あかがね街道の趣が残る石畳
色とりどりの沢入駅アジサイ
色とりどりの沢入駅アジサイ
わ鐵のわっしーにも会えました!!
わ鐵のわっしーにも会えました!!

27-7沢入宿とあじさい.pdf
PDFファイル 362.3 KB

27-8 江戸彫刻シリーズNO.4

   常識破りの構想で建てられた社寺(小平の里)を訪ねて

 8月8日(土)、ここ2週間ほど40℃近い猛暑日が続く中、当日は幸運にも最高気温34℃。暑さ対策として、涼しい柏亭(小平の里)で今日の見どころをしっかりとチェックし、19名の参加者は自家用車6台に分乗し出かけました。

 

“なぜ”を追求してもらうため、問いかけ型のご案内にしました。

お互いの考えを声に出し合う中で和やかな雰囲気の中で進めることができました。

 

参加者の多くの方々が、小平の里(こんな鄙びたところ)に由緒あるすばらしい文化財があることが驚きであり、新たに知り得た喜びを口々に語ってくださいました。

神様を低地に祀る木之宮神社
神様を低地に祀る木之宮神社
圓光寺の石仏群
圓光寺の石仏群
正福寺欄間彫刻と天井画に驚き
正福寺欄間彫刻と天井画に驚き
解決の鍵を握る彫刻
解決の鍵を握る彫刻
正福寺の隠居寺 圓光寺跡にて
正福寺の隠居寺 圓光寺跡にて
初公開:雨乞い掛け軸(長さ約7m)
初公開:雨乞い掛け軸(長さ約7m)

27-8江戸彫刻シリーズ№4.pdf
PDFファイル 318.4 KB

27-9 鈴の鳴る道と小中の獅子舞を訪ねて

富弘氏が書いた「あずま小学校」の校碑
富弘氏が書いた「あずま小学校」の校碑

 9月6日(日)、東町小中「鳥海神社」で行われている「小中の獅子舞」に合わせて、わたらせ渓谷鐵道神戸駅から小中駅まで散策をしました。

 天候が心配されましたが、ときおりポツポツと小雨が降る程度で済みました。ご参加いただいたお客様の日頃の行いの良さが反映されたのでしょうか…。


 今回のコースは昨年同様に東町の出身である星野富弘氏の詩画作品が生まれた散歩道「鈴の鳴る道」を通り、鳥海神社まで歩きました。

 道中では富弘氏の作品にゆかりある場所で富弘美術館の学芸員さんやサポーターの方々に説明や詩の朗読をしていただいたほか、道ばたに咲く草花を話題に盛り上がるなど非常に楽しいひとときでした。


 年に一度のおまつりである「小中の獅子舞」は市の無形文化財にも指定されており、一足早い「芸術の秋」を堪能しました。

朗読を聞きながら詩画の世界を感じる
朗読を聞きながら詩画の世界を感じる
間近で獅子舞を見学しました。
間近で獅子舞を見学しました。
作品のモデルとなった風景
作品のモデルとなった風景
年に一度「鳥海神社」で開催されます。
年に一度「鳥海神社」で開催されます。

27-9鈴の鳴る道と小中の獅子舞.pdf
PDFファイル 283.0 KB

27-11 ながめの菊仕立ての奥深さを味わう

     ~バックヤード体験・菊作りの仕立て技~

10月31日(土)、ながめ公園で毎年行われている関東菊花大会を散策しました。今回は特別に開園30分前に入園させていただき、菊の裏側を見ながら菊の仕立て技について学びました。

どの作品も細かなところまで手間をかけてあるため、菊花を育てている大間々菊華会の皆さんの素晴らしさを改めて感じました。


菊花大会の見学後は高津戸峡の景色を楽しみ、はねたき広場で解散しました。はねたき広場で開催されている「わたらせ渓谷工芸まつり」と「商工会フェスタinはねたき」も楽しむことができました。


肌寒い一日でしたが、ひと味違った関東菊花大会を満喫できお客さまはもちろんガイド会員にとっても貴重な企画となりました。

ながめ公園の菊といえば「菊人形」
ながめ公園の菊といえば「菊人形」
工芸まつりには多くの作家さんが出展
工芸まつりには多くの作家さんが出展
ながめ公園からも渓谷美を楽しめます。
ながめ公園からも渓谷美を楽しめます。
地元の特産品も楽しめました。
地元の特産品も楽しめました。

27-13 観光ガイドの会活動写真展inさくらもーる

 当会の発足5周年を記念し、12月18日~20日の3日間という短い期間でしたが大間々町にある「さくらもーる」にて今までの活動写真の展示を行いました。

 

多くの皆様にお越しいただき、当会主催の企画に以前参加された方とは一緒に歩いたハイキングの話などにも花が咲きました。

なかには「こんなきれいなところがみどり市にもあったなんて初めて知った。」という声をいただくことも…!

 

スペースの都合により活動すべてを紹介しきれませんでしたが、当会やみどり市の魅力を充分にPRできましたと感じました。

今後とも皆さんに情報発信をしていきたいと思います。

平成27年12月19日(土)の上毛新聞でも紹介されました!
H27.12.19上毛新聞.pdf
PDFファイル 595.1 KB
27-13さくらもーる写真展.pdf
PDFファイル 390.7 KB

27-14 わたらせ七福神めぐり

 主催企画を始めてから毎年恒例の「わたらせ七福神めぐり」を平成28年1月17日(日)に実施し、今回は40名の方が参加しました。

 大間々駅から栃木県日光市の間藤駅まで、わたらせ渓谷鐵道のフリー切符を利用して1日かけてめぐり、参拝を楽しみました。いくつかの寺社では住職の方にご協力をいただき、直接お話をうかがうこともできました。

 列車の発着にあわせ、時間にゆとりのある花輪地区では「あかがね街道」ゆかりの地の散策も満喫しました。

大間々からスタート
大間々からスタート
東町花輪の祥禅寺(布袋尊)
東町花輪の祥禅寺(布袋尊)
わたらせ渓谷鐵道に乗って移動しました
わたらせ渓谷鐵道に乗って移動しました
桐生市(水沼駅)の常鑑寺(寿老人)
桐生市(水沼駅)の常鑑寺(寿老人)

27-14わたらせ七福神めぐり.pdf
PDFファイル 445.6 KB

27-15 よみがえる あかがね街道 花輪宿

 今回は平成28年2月14日(日)に実施された善雄寺の大護摩修行の様子を見学しました。その後あかがね街道の宿場町として栄えた東町花輪地区の御用銅蔵や旧今泉嘉一郎邸などを巡りました。

 また、以前質屋を営んでいた関口さん宅を訪問し、江戸時代から続いてきたかつての店構えを見せていただきました。質屋ならではの様子を当主から説明していただき非常に勉強となる一日でした。 

東町荻原にある善雄寺
東町荻原にある善雄寺
あいにくの天候でしたが、晴れ間が見えました
あいにくの天候でしたが、晴れ間が見えました
ガイド会員による説明
ガイド会員による説明
関口さん宅にて。室内に落とし穴がありました!
関口さん宅にて。室内に落とし穴がありました!

27-15よみがえるあかがね街道花輪宿.pdf
PDFファイル 440.0 KB

27-16 早起きは三文の得 散策

 毎年大好評の「早起きは三文の得 散策」が平成28年2月23日(火)に開催されました。年に1回、定員20名限定のため、申し込み開始後すぐに満員となってしまいました。

 近藤酒造様の仕込み見学や岡商店での醤油実食などにより、定番コースの「大間々まちなか散策」を一味違った角度から楽しむことができました。まだ寒さの残る早朝からの散策でしたが、みなさんに満喫していただくことができてよかったです。

 「福恵稲荷」や「三方良しの井戸」などはこの企画以外でもご案内できますので興味のある方はぜひ当会へお声がけください!

27-16早起きは三文の得散策.pdf
PDFファイル 332.9 KB

ガイド案内に関するご依頼・お問い合わせは下記までお願いいたします。


 ・「ガイドのご利用とお申し込み方法」ページ

 ・「メール」お問い合わせページ


あるいは

みどり市観光ガイドの会 事務局(みどり市観光課内)

TEL:0277-76-1270 / FAX:0277-76-9049